名古屋市の仲介手数料無料の新築一戸建て情報 > ロイホームズ不動産(有限会社ネスコ)の不動産コラム記事一覧 > 名古屋市の市民税減税でいくら安くなる?ファミリー世帯も負担軽減

名古屋市の市民税減税でいくら安くなる?ファミリー世帯も負担軽減

≪ 前へ|メリットがたくさん!名古屋市が行う公立小中一貫教育についてご紹介!   記事一覧   名鉄名古屋駅が拡張へ!再開発で利便性豊かな新たな駅に|次へ ≫

名古屋市の市民税減税でいくら安くなる?ファミリー世帯も負担軽減

カテゴリ:日比野くんのなんでも相談室 ザ・ベストQ&A:良い暮らし

愛知県名古屋市で徴収される「市民税」が、平成24年度から減税されている事をご存知ですか?

 

市民税は給料から天引きされている方が多いかと思いますが、各市町村によって比率が決まっており、その結果各市町村によって徴収される額が異なります。

 

実際はほとんどの市町村で大体同じ比率となっておりますが、その中でも少し比率が低くなっているのが名古屋市の市民税です。

 

この記事では名古屋市でマイホーム購入を検討している方向けに、名古屋市の市民税減税の目的や、ファミリー世帯が住んだ場合にどのくらいの負担が軽減されるか解説していきます。


名古屋市の市民税が5%減税


名古屋市の市民税減税はいくら?


そもそも市民税とは、その年の11日に居住していた市町村に対して前年の所得から課税される税金の事で、都道府県民税と市民税を合わせて「住民税」と呼ばれます。

 

一般的に住民税は課税所得の10%程度と言われていますが、名古屋市では平成24年度から市民税が5%減税された事によって住民税は9.7%となり、全国の中では低い水準となっています。


名古屋市の市民税が減税された目的


名古屋市の市民税減税は、市民生活の支援や地域経済の発展、将来の地域社会への発展を目的として施行されました。

 

平成30年度から、個人に対しての市民税所得割について標準税率が引き上げられていますが、従来の税率に対して5%の減税が行われているので、以前よりも税率が低くなっています。

 

減税が行われた事によって、より住民が住みやすく、将来の地域経済を発展させる事が見込まれています。


名古屋市の市民税減税でファミリー世帯の安くなる額


名古屋市の市民税減税はいくら?


名古屋市の市民税減税によって、ファミリー世帯も税金の負担額が少なくなりました。

 

夫婦・子ども2人世帯の場合は、給与所得者の収入額が270万円の場合には減税額200円、300万円ですと減税額1,300円…と以前に比べて市民税が安くなっています。

 

夫婦・子ども1人世帯の場合は、給与所得者の収入額が220万円の場合に減税額200円と、220万円から減税の対象となっており、従来に比べて子どもがいる世帯にとっても市民税の負担が減っています。


まとめ


名古屋市で地域市民や地域経済の為に平成24年から行われている市民税の減税によって、個人が請け負う税金の負担額が軽減されました。

 

名古屋市に住む人にとっては従来の税率より5%負担が減り、子どもがいるファミリー世帯などこれから長く住居を構える場所として、少しでも税金が安くなるのは魅力的ではないでしょうか。

 

私たちロイホームズ不動産では、名古屋市の新築一戸建て情報を多数ご紹介しております。

 

子育てファミリーで名古屋市にマイホームをお探しの際は、ぜひ当社までご相談ください。

≪ 前へ|メリットがたくさん!名古屋市が行う公立小中一貫教育についてご紹介!   記事一覧   名鉄名古屋駅が拡張へ!再開発で利便性豊かな新たな駅に|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約