名古屋市の仲介手数料無料の新築一戸建て情報 > ロイホームズ不動産(有限会社ネスコ)の不動産コラム記事一覧 > 新築一戸建てベランダの屋根は後付け可能?メリットとデメリットを比較

新築一戸建てベランダの屋根は後付け可能?メリットとデメリットを比較

≪ 前へ|名古屋市の路線価を調べる方法とは?2019年最新を確認しよう   記事一覧   自動車や繊維機械の歴史を体感!名古屋市のトヨタ産業技術記念館|次へ ≫

新築一戸建てベランダの屋根は後付け可能?メリットとデメリットを比較

カテゴリ:日比野くんのなんでも相談室 ザ・ベストQ&A:設備について

新築一戸建てのベランダには基本的に屋根がありません。

 

そのためそのまま屋根が無いままにするか、屋根を取り付けるか悩む方もいらっしゃるでしょう。

 

ベランダの屋根は洗濯物を雨から守る役割がありますが、それ以外にもメリットとデメリットの両方が存在します。

 

方角や日当たりにも関係するベランダの屋根ですが今回は、一戸建てのベランダに屋根を後付けができるのか、また、後付けする場合の費用や注意点についてご紹介します。


ベランダの屋根の後付け可否と屋根付きベランダのメリットとデメリット


ベランダの屋根は後付けできる?


新築一戸建てのベランダは、後から屋根を取り付けることが可能です。

 

ベランダに屋根があると急な雨でも洗濯物を守ることができる最大のメリットがあり、お出かけする際でも安心して外に洗濯物を干すことができます。

 

さらに、ベランダがある方角が日差しの強い南や南東向きにある場合、屋根を付ける事で部屋に入る日差しを遮ることができ、部屋の中が暑くなるのを防ぐ効果もあります。

 

反対に日当たりの悪い方角に付けた場合は、夏以外は部屋の中が冷えやすく、屋根があることで圧迫感や暗い印象になってしまうデメリットがあります。


ベランダの屋根を後付けする際の注意点


ベランダの屋根は後付けできる?


ベランダの屋根にはさまざまな形状があり、カーブを描いたR型や真っすぐな形のフラット型など、希望に合わせた屋根を取り付けることができます。

 

取り付け費用は、本体価格プラス施工費で約1015万円で後付けすることができますが、バルコニーの広さや形状によって価格は変動します。

 

また、ベランダが広く洗濯物を干す場所を広めに確保したい場合は、思いきってサンルームを作ることもできますが、増築扱いになる場合もあるので注意しましょう。

 

新築一戸建てのベランダに屋根を後付けする場合には、工事ミスに注意が必要です。

 

場合によっては、外壁に穴を開けてしまい部屋の中にカビが生えやすくなったという事例もありますので、可能であれば工事前に取付け方法の確認をしていた方が良いでしょう。

 

また、ベランダに屋根を付けると強い雨音が出るため、就寝時に雨音が気になる、日差しが入らず部屋の中が暗い印象になってしまうこともあります。

 

ベランダに屋根を取り付けるには、普段の暮らしやメリットとデメリットを踏まえた上で工事をする必要があります。


まとめ


ベランダに屋根があると洗濯物を雨から守り、広めのベランダだと椅子やテーブルなども置きやすいですが、後付けする事で生じるデメリットもあることに注意しておきましょう。

 

私たちロイホームズ不動産では、名古屋市周辺の新築一戸建て物件をご紹介しております。

 

名古屋市でマイホーム購入をお考えでしたら、お気軽にお問い合わせください!

≪ 前へ|名古屋市の路線価を調べる方法とは?2019年最新を確認しよう   記事一覧   自動車や繊維機械の歴史を体感!名古屋市のトヨタ産業技術記念館|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約