名古屋市の仲介手数料無料の新築一戸建て情報 > ロイホームズ不動産(有限会社ネスコ)の不動産コラム記事一覧 > 増税後に新築一戸建てをする方の負担を軽減する「すまい給付金」とは?

増税後に新築一戸建てをする方の負担を軽減する「すまい給付金」とは?

≪ 前へ|新築一戸建てを購入したい!物件探しから引き渡しまでに行なう流れは?   記事一覧   新築一戸建ての購入前に要チェック!贈与税が非課税になる方法!|次へ ≫

増税後に新築一戸建てをする方の負担を軽減する「すまい給付金」とは?

カテゴリ:日比野くんのなんでも相談室 ザ・ベストQ&A:国からの支援について

現在、新築一戸建ての購入をお考えの方は、すまい給付金という言葉を耳にする機会も多いのではないでしょうか。

 

すまい給付金は、新築一戸建て購入時に利用できる制度で、うまく活用すれば消費税増税によるマイホーム購入の負担を軽減することができます。

 

そこで今回は、新築一戸建て購入時に役立つすまい給付金についてご紹介します。


新築一戸建てのすまい給付金①:すまい給付金とは


新築一戸建て購入 すまい給付金


すまい給付金とは、20144月に消費税が5%から8%へ引き上げられた際に始まった制度です。

 

一定の条件を満たした住宅やその購入者には、給付金を支給してマイホーム購入にかかった費用の負担を軽減してくれます。

 

給付される金額は収入や持分の割合によって異なり、収入に合わせた段階に分けられた給付基礎額に、登記上の持分割合をかけて計算します。

 

そしてこの制度は、201910月に予定されている消費税増税後も適用できます。


新築一戸建てのすまい給付金②:給付対象者とは


すまい給付金を受け取るには、以下のような一定の条件があります。

 

・給付対象の住宅の所有者かつ入居者である

 

・収入が一定額以下である

 

・床面積が50㎡以上ある住宅

 

・施工中に第三者による現場検査を受けたうえで一定の品質を認められた住宅

 

なお、借り入れる住宅ローンも償還期間(返済期間)が5年以上あることや、金融機関からの借入であることなどの要件がありますので、その点もしっかりチェックしましょう。


新築一戸建てのすまい給付金③:増税後の変化とは


新築一戸建て購入 すまい給付金


201910月に8%から10%へと増税が決定した消費税ですが、それにより受け取れるすまい給付金の金額にも大きな変化があります。

 

消費税増税前の8%の場合では、年収によって給付基礎額は10万円から30万円までの3段階に分かれていました。

 

しかし増税により消費税が10%になると、10万円から50万円まで基礎給付額が5段階に分けられます。

 

そのためすまい給付金の対象者が拡充され、さらに給付額も増額するので、これまで以上に負担軽減を期待できるのです。


まとめ


憧れの新築一戸建て購入には、物件価格だけでなくもろもろの諸費用、家具家電の新調や新居への引っ越し代など、色々なお金がかかります。

 

その際の負担を少しでも減らすためにも、すまい給付金の活用がおすすめです。

 

増税後はさらに給付金による恩恵を受けやすいので、ぜひ対象者に当てはまるのか、すまい給付金ホームページで確認してみてくださいね。

 

私たちロイホームズ不動産では、名古屋市・愛知県下の新築一戸建てを多数取り扱っております。

 

仲介手数料無料の物件もご紹介いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|新築一戸建てを購入したい!物件探しから引き渡しまでに行なう流れは?   記事一覧   新築一戸建ての購入前に要チェック!贈与税が非課税になる方法!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約